シミについて

年齢とともに増えてくるものを「シミ」、

生まれつきあるものを「あざ」と呼びます

しかし、実際には混同されていることも多いです

シミの治療法は、シミのもとであるメラニンや、メラニンを作り出すメラノサイトにはたらきかけるケアが 中心となります。 紫外線対策、レーザー治療(ピコスポット、トーニング)、美白外用剤、内服を用いたケアなどで治療していきます

シミの種類

加齢とともにできやすく、日光(紫外線)によってできるシミのことです。 一般的に「シミ」と認識されているのは、この「老人性色素斑」です。シミの中でいちばん多いのがこのタイプです

piko00.jpg
toningu.jpg
shimi.jpg

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

kanpani.jpg
toningu.jpg

肝斑(かんぱん)

左右対称性にもやもやとした茶色いもので、更年期にさしかかって女性ホルモンバランスが 崩れがちな30代後半から50歳位の女性にできやすいとされています

sobakasu1.jpg
piko00.jpg
toningu.jpg

雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑とはソバカスのことをいいます。頬や鼻の周囲などに小さなシミができます。 遺伝子が発症に関わっていることがあり、幼児期に発症することが多く、思春期頃に目立つようになります

sikithin.jpg
toningu.jpg

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着 ニキビや傷、虫刺され、かぶれ、火傷などによる炎症が起きた後に シミになって色素沈着したものです。消えるまで、数年かかる場合もあります

​シミと似ているけれど、異なるもの

加齢に伴うイボ 脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

シミと間違われやすいのが、脂漏性角化症です皮膚の老化現象によってできる褐色~黒色のいぼで、 やや盛り上がりのあるのが特徴です。レーザーではなく、電気メス・グラインダーにて治療を行います

シミ予防対策

紫外線は雨や曇りの日でも降り注いでいます。一年中、紫外線対策を行ってください 日焼け止め、日傘、大きなつばのある帽子、長袖・長ズボン、サングラスなどで紫外線をさけてください そして、擦らないことがとても大切です!洗顔の時はたっぷりの泡で顔を洗ってください。